引越しトラック サイズ 道路の幅

引越しトラックのサイズと道路の幅

引越し トラック 大きさ

 

引越しで使うトラックは大きいほうが家財が入り切らないという心配がないですが、大きいとそれだけ経費がかかってしまいます。
トラックの大きさは小さすぎず、大きすぎないものが理想なことがわかりますね。

 

何畳の部屋に家財が入り切るかということでトラックの大きさを決めます。
しかしせっかく決めたトラックも物件に面する道路によっては、使用できない場合があるのです。

 

トラックの大きさと必要な道路の幅は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

旧居・新居のいずれかに面する道路の幅が異常に狭いとか坂がきついなど問題を抱えている場合は、早めに引越し業者に相談しておきましょう。